卵巣がんを知る

卵巣がんの基礎知識

卵巣がんについて

卵巣がんといったら、女性特有の病気なのですが、これは命の危険にさらされることもある、非常に恐ろしい病気のひとつです。卵巣とは、子宮の左右にある小さな臓器のことです。卵巣の中では、卵子が成熟して、それを放出する機能があります。

そして、周期的な女性ホルモンの分泌を促したりする機能も持っています。卵巣は、卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった種類のホルモンを分泌することで、女性の機能を調節してくれます。これは、妊娠と出産のためにはなくてはならない臓器となります。

この、卵巣に出来てしまった腫瘍のことを卵巣がんといいます。この卵巣がんは、発症する人が増加するのが40代くらいからで、50代から70代の女性に対して最も多く発症するようです。婦人科系のがんのなかでは、発症率は2番目とされており、何と女性の70人に1人の割合で発症しています。

それに、死亡率は第一位ともいわれています。近年は、卵巣がんを発症する人が増えており、50歳以降の高齢ともなってくると、死亡率が高くなっていっています。この死亡率が高い原因としては、卵巣がんの早期発見が困難であるという点が考えられます。身体に対して何か自覚症状があって、それに気が付いたときにはすでにがんは進行してしまっており、もはや延命治療しか残されていないといった状態になっているケースが多く見られるのです。

自分自身の身体の異変には少しでも早く気がつきたいものです。手遅れにならないようにすることが何よりも大切なことです。女性であれば、卵巣がんにはどういった原因があるのか、食べ物は何を食べるのか、といった生活習慣の部分から、見直してみるといいかもしれません。

それから、どうして卵巣がんになるのかといったことを知るために卵巣がんに対しての正しい知識を身につけておく必要があります。正しい知識を身につけることで、卵巣がんに対抗できるような状態を作り出しておくといいでしょう。